ホームページ > 浅虫温泉紹介

浅虫温泉紹介

歴史と自然に恵まれた、温泉とレジャーの街『浅虫温泉』

浅虫温泉

青森のいで湯、当浅虫温泉は、昔からの温泉地として全国に知られています

平安時代に慈覚大師(円仁)により発見された温泉は、布を織る麻を蒸すためだけに使われていました。

1190年にこの地を訪れた円光大師(法然)が、傷ついた鹿が湯浴みするのを見て村人に入浴をすすめ、それ以来人々に利用されるようになりました。

温泉名も麻を蒸すことに由来し、「麻蒸」が転じて「浅虫」になったといわれています。

四季を通じて情緒ある温泉の風情を感じ、海水浴やウインドサーフィン、ヨット、釣り、森林浴、湯治が楽しめる浅虫温泉。磯料理や山海の珍味もおいしい湯の街です。