観光案内

裸島

青森市と平内町との境にある白根崎の西方500m沖、東北大学臨海実験所の前の海上にあります。

将棋の駒を立てたような形をしており、高さ33m。その名の通り裸の巨岩です。かつては陸続きであったものが、長い年月の間に波浪の浸食により島状の地形になりました。岩石は流紋岩で、その表面は温泉化作用を受けて黄褐色に変質しています。

<伝 説>
昔、里で母親が幼いわが子を木陰に寝かせ畑仕事をしていた時、一羽の大鷲が飛来、眠っているわが子をさらって裸島の頂上に下ろし羽を休めていた。気づいた母親は狂乱し、素手で岩を登ろうと必死で岩肌をひっかいた。元来滑らかな岩だった裸島もその時側面が欠き削られ、母親の血で染まり今の形になったといわれている。
母の愛情の貴さを物語っている島となっている。

地図